信用取引とはどんなものか?

少ない手元資金で大きく取引出来ます

株式は市場で取引されていますが、その購入にはお金が必要です。通常は、資金を用意して、その額で買える株を買います。株に限らずどんな商品でも行われている取引の方法で、これを現物取引と言います。これに対して、手元資金を証券会社に保証金として預ける形にして、その「信用」で資金の数倍の金額の株を購入することが出来るのが、信用取引です。信用取引で付与される枠の倍率は購入対象の株によっても違いますが、概ね3倍程度になります。例えば、手元資金を30万円用意することが出来れば、90万円の株の取引が出来るということになります。なお、株はあくまで借りたお金で売買することになるので、株を購入した時点から金利支払いが発生します。そのため、信用取引は、株の値上がりが期待できる場合に利用するものです。

信用取引は売りから入ることが出来ます

信用取引には、現物取引にはない特徴にいくつかありますが、最大のものは、「売り」から取引に入れるということです。通常、株を手許に持っていないと売ることは出来ないというのは、お分かり頂けると思います。しかし、信用取引の場合は、証券会社が持っている株を借りて、市場で売ることが出来るのです。株で利益を得るためには、安く買って高く売るのが絶対条件です。そのため、高くなり過ぎた株を買っても、それ以上、株価が上がる余地は小さく、むしろ株価が下がって損をするリスクが高くなって取引出来ません。そんな時でも、高すぎると判断した株を先に売ってしまって、株価が下がってきたところを買い戻しすることで、利益を得ることが出来るのです。